「ミャンマー祭り2014」に行ってきました

                                姫田 小夏

ミャンマーといえば耳になじみはあるものの、私たち日本人にとってはまだまだ未知なる国だ。そのミャンマーを実感するイベントが10月18~19日、増上寺で行われた。「ミャンマー祭り」は昨年から始まったイベントで、今年で2回目のチャレンジになる。昨年は3万5000人を集めた。

筆者は2日目の日曜日に現地を訪れたのだが、増上寺境内は朝から多くの人で賑わっていた。ミャンマーの工芸品を紹介するブースもあれば、NGO、NPOの活動をPRするブースもある。ミャンマ・グルメの芳ばしい香りがあちこちに立ち込め、そのグルメを梯子して回る姿もあった。そして、何より興味深かったのは、ここに日本やミャンマーの企業が参画していたことだ。


ミャンマーでIT技術者や介護補助専門家などの人材育成に乗り出すアルプス技研、ミャンマーの蕎麦で作った焼酎を販売する山田屋、またIT事業に幅広く取り組むシーイーシー、ミャンマーからの医師を受け入れる国際医療福祉大学、ミャンマー語の語学講座をPRする拓殖大学など日本の企業や大学の、さまざまな取り組みを垣間見ることができた。このほかにも、ミャンマーからは進出支援をサポートするジェイサット・コンサルティングやIT事業ではオフショア開発を得意とするACEデータシステムなどの企業が参加し、現地事情収集のまたとない機会となった。


特に目を見張ったのが「ミャンマー産の蕎麦で作った」という蕎麦焼酎だ。その名もズバリ「ビルマの竪琴」だ。これはそもそも信州大学の氏原教授が取り組んでいる「アヘン撲滅のための、ケシ畑に蕎麦を植えるプロジェクト」の一環であり、それを焼酎に加工したものを愛知県の山田屋が販売しているのだ。氏原教授の長年の取り組みに敬服すると同時に、これを売ってみようという山田屋の挑戦にも脱帽だ。未知なるものへのチャレンジは、言うは易しで誰もができることではない。

(焼酎ファンはぜひクリックhttp://item.rakuten.co.jp/spirits/10001928/


一方で、この「ミャンマー祭り」は、首都圏在住のミャンマー人を一堂に集積する大イベントであり、故郷を懐かしむミャンマー人が1年で最も楽しみにする2日間でもある。この日に向けて特訓してきたであろう、ミャンマー人による歌や踊りも披露され、境内には詰めかけたミャンマー人の色とりどりの衣装で、あたり一帯が“ミャンマー色”に染まった。この「ミャンマー人の結束の強さ」は一見に値するだろう、その息遣いを知ることができたのは、何よりの収穫だった。


さて、私たちアジア・ビズ・フォーラムでも、11月にミャンマーをテーマにしたセミナーを開催する予定で、奇しくもミャンマー祭りの実行委員会のひとりでもいらっしゃるNPO法人メコン総合研究所副所長・岩城良生氏をお招きすることになっている。岩城氏は日本に帰化されたミャンマー人でもあり、両国の文化の違い、ビジネス習慣の違いにも通じていらっしゃる、日本とミャンマーをつなぐ第一人者でもある。率直な質問をぶつけられるのも当フォーラムの強み、ミャンマーのビジネス環境を知るにはまたとない機会だと、私自身、今からとても楽しみにしている。


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。